Vol.14

あさの克彦レポート Vol.14
「2025 年問題」と「レガシーシステム」というものをご存じでしょうか。
2025 年問題というのは、団塊の世代の方々が後期高齢者、75 歳以上になるという課題です。
そしてレガシーシステムというものについてですが、レガシーというと「伝統的な」という様なプラスの意味で使われることが多い言葉ですが、ITの世界ではレガシーというのは古い慣習に従ったものというマイナスイメージで使われることが多いそうです。▼続きはPDFで…
閲覧はこちらから

Vol.13

あさの克彦レポート Vol.13
皆様は「ウォーターフォール」と「アジャイル」というものをご存じでしょうか?
初めて聞いたという方も多いかもしれませんが、これは元々IT用語だそうです。
ウォーターフォールと言うのは、プログラムを作る時に、水が落ちるときの水の流れの方向のように、最初に大方針、及び細い仕様など、全ての道筋をちゃんと決めてから始めることです。
水が落ちるときのように途中での変更は難しいですが、その代わり何の問題もなくスムーズに流れることが期待できます。▼続きはPDFで…
閲覧はこちらから

Vol.12

あさの克彦レポート Vol.12
今、国民民主党は30兆円の経済対策という話をしております。
先の国会の党首討論で、玉木雄一郎代表も菅総理に対して、この経済対策をやるべきだと訴えました。
その際に菅総理が言っていたことは、令和二年度、つまり今年の三月末までに使わなければいけなかった補正予算30兆円が残っているから、まずこれを使ってから次の補正予算を組むという事でした。
一見まともに聞こえますが、これに対して玉木代表ははっきりと、そういう事をやっていては遅れてしまうということを指摘しました。▼続きはPDFで…
閲覧はこちらから

Vol.11

あさの克彦レポート Vol.11
「子供にツケを残さない」というセリフは、いろんな政治家が使っていると思いますが、そもそも「ツケ」とは何でしょうか。
昔はよく借金だと言われていました。
日本の財政規律を正さなければ、日本はいずれ破綻してしまうので、借金を子供に残さないためには、我慢をしなければいけないといった論がありました。
しかし、最新の経済論で行けば、通貨発行権を持っている国の、中央銀行、日本であれば日銀への借金に関しては、借金とは言えないということが理論的に証明されています。▼続きはPDFで…
閲覧はこちらから

Vol.10

あさの克彦レポート Vol.10
国がコロナ対策を進める中で皆さんが今一番気になる、コロナワクチン。
ワクチンは、ある病気に対する免疫力・抗体を持たせるために打つものです。
どんなワクチンでも必ず副反応というものがあり、発熱や、重いものだとアナフィラキシー症状というのが出たりします。
今回のコロナワクチンは世界中で初めての病原体に対して開発が進められたもので、もちろん様々な検査をしておりますが、通常3 年~ 5 年という時間をかけて開発されるものとは少し趣が違っています。
しかしそれでも、このコロナを収めるためには、国民の大部分が接種をすることが必要であると言われております。
では実際、ワクチンが打たれた場合どうなるのでしょうか。▼続きはPDFで…
閲覧はこちらから

雇用対策特別号

あさの克彦レポート 雇用対策特別号
失業率が3%近くまで上がり、皆様方の所得も減っている状況を鑑みて、この問題の改善策について考えていきたいと思います。
現状、かなりの割合の方が従事されているサービス業の方々が失業、もしくは所得が減っています。
そしてそれを解決するために政治として出来ることが、大きく3 つあると考えます。
一つは金融緩和による公共投資、そしてセーフティーネットの充実、最後は、サービス業から第一次産業・第二次産業、他の事業形態への労働力の転移が上手に進むようにしていく。このことが大事だと思います。▼続きはPDFで…
閲覧はこちらから

2021年4月号

あさの克彦レポート 4月号
昨今話題になっている民間企業による国家公務員の接待問題。
いつも思うのですが、この手の問題が出ると、まず「誰が」ということに注目されがちです。
もちろん、そうやって真相を究明していくことも大事だとは思いますが、本来、制度や予算を議論する場である国会ではどうやって再発を防止するのか、この点を議論するべきではないでしょうか。

▼続きはPDFで…
閲覧はこちらから

2021年3月号

あさの克彦レポート 3月号
昨年夏の開催が1年延期となった東京オリンピック・パラリンピック。今現在、これ以上の延期はできないだろうと言われていますが、現状どういうパターンが考えられるのでしょうか。無観客での開催か、あるいは中止か。国民の何%が支持している、支持していない、そんな話題も出てきますが、そもそもの判断の基準となるデータが見えていないことに、私は著しく不安を持っています。

▼続きはPDFで…
閲覧はこちらから

2021年1月号

あさの克彦 レポート 1月号
あさの克彦レポート 1月号
2020 年の12月 31日、大みそかの日に私、あさの克彦はコロナ陽性であるという判定が出ました。 保健所の方とのお話で、私の場合は濃厚接触者はいないということになり、1月7日には保健所より 活動制限等の解除の通知があり、念のため更に数日事務所にて自主隔離しておりましたので、 現在は体調に問題はありませんが、検査結果の陽性判定が出るまでの経緯と、実際に自身が感染した からこそ見えてきた課題についてお伝えさせていただきます。▼続きはPDFで…
閲覧はこちらから

2020年11月号

あさの克彦レポート 11月号
安倍晋三元総理の事務所から「桜を見る会前夜祭」のホテル側への補填について、東京地検特捜部による捜査が行われようとしている事について、最近話題になっておりますが、少し違った観点からお話させていただこうと思います。▼続きはPDFで…
閲覧はこちらから